人身傷害補償保険のケース

}PgžxQ人身傷害補償保険は契約している車に乗ってる人が自動車事故が原因で後遺症を負ってしまったり、死亡した場合に無条件で契約している保障の範囲で損害額が支払われる、実損払いの保険です。この保険は被保険者、配偶者、親族等が友人の車に同乗している時の事故、歩行中の自動車事故によって怪我してしまった場合や最悪死亡時にも補償の対象になります。結論から、契約車両に同乗している人全員が無条件で補償される保険なのです。この保険の特徴は、契約者の過失関係なしに保険金が支払われ、相手がいない事故でも保険会社へ損害を請求することができます。また、示談交渉関係なしに保険金を受け取ることがます。しかし、保険金には請求期間が存在します。民法724条によると事故による損害賠償請求は加害者が加害者と損害を知った日から3年、知らない場合は事故発生から20年となっています。ひき逃げなどの歩行中での事故だと、向こうは歩いていたのだから自動車保険とは関係ないと思ってしまい、保険会社に連絡しないという事例が発生します。この事例がもとで請求期間を過ぎてしまい、保険金が受け取れないという事態になってしまいます。事故が起きたらすぐに保険会社に連絡して、請求権を提出する手続きをしてください。

コメントは受け付けていません。