自賠責保険の時効とは

自賠責保険は、自動車やバイクを運転する際に加入を義務付けることによって、交通事故の被害者の救済を図るための最低限度の補償を行うことを目的としているものです。
この制度については「自動車損害賠償保障法」という法律によって、損害賠償をするための保険金の支払基準や、保険に加入したことを証明する書面についてなどのさまざまな取り決めがなされており、そのひとつに時効が含まれています。
この法律には、保険金の支払いを請求する権利は、3年を経過したときは消滅すると規定されており、この期間を過ぎてから当事者が請求しようとしても門前払いとなってしまいます。
時効までの期間の計算についての解釈は、加害者請求と被害者請求の場合で異なりますので注意が必要です。
加害者請求の場合には、相手に損害賠償金を支払った日の翌日から3年となりますが、被害者請求の場合には、けがであれば事故発生日の翌日から、後遺障害であれば症状固定日の翌日から、死亡であれば死亡日の翌日からとなります。症状固定日とは、医学的に見て一般的な治療を行っても症状がこれ以上改善しないと判断されたときのことをいい、診断書に記載されます。
なお、加害者請求で相手との示談が成立しないなどして期間内の請求が困難なときには、時効中断の手続きが必要となります。

コメントは受け付けていません。