任意保険の時効特集!

任意保険に加入中に事故などに遭った場合、保険金請求には時効があります。特に被害者側からの被害者請求は障害時の請求と後遺障害つまり後遺症が残るような重症だった場合、さらに死亡時における請求のいずれも3年間が事項となっています。
ただし、この3年間の起点となるタイミングには注意が必要です。傷害の場合は事故が起きてから3年なのに対して、後遺障害の場合は後遺障害の症状が固定した日から3年となります。つまり事故が起きてから3年ではないので、後日この事故が原因の場合には相当遅れてから請求がなされる可能性もあるということになります。さらに、死亡の場合も事故から3年ではなく、死亡した日から3年以内となっています。この場合は被害者が死亡しているわけですから、その遺族が請求を行うことになると考えられます。
なお、この時効が中断する場合があります。この時効の中断は、加害者側と被害者側とで示談が付かない場合などで請求ができない場合などが該当する可能性があります。いずれにしてもこういった場合には関係する保険会社に相談する必要があります。
事故が起きた場合には速やかに保険会社に連絡を入れるなどして、こうした事項にならないように速やかに手続きをすることが大切です。

コメントは受け付けていません。