加害者請求の場合について

山01自賠責保険による保険金請求についても、民法に定める消滅時効の規定が適用されます。さらに自賠責保険については加害者からの請求と被害者からの請求がありますが、それぞれに時効の起算日が異なりますので注意が必要です。
加害者請求の消滅時効は平成22年4月1日より3年となっています。時効が起算され始めるのは、加害者が被害者や医療機関に対して損害賠償を支払った日になります。損害賠償金を分散して支払った場合はそれぞれを支払った日になります。したがってこの日から3年が経過すれば時効が成立してしまうので、それまでに保険金の支払いを請求しなければいけません。
ただし症状が固定されず治療が長引いてしまったり、被害者側との話し合いがうまくいかず交渉がなかなか決着しない場合などは、保険金請求できる前に時効が成立してしまう可能性がでてきます。そこでこのような場合には時効の成立を阻止するために、時効を中断させなければいけません。民法には訴訟提起や債務の承認などいくつかの時効中断事由が定められており、自賠責保険の場合は保険会社に対し、時効中断申請書などを提出することで時効を中断させることができます。詳細は保険会社により異なりますので、具体的な手続きに関することなどは保険会社に問い合わせることが必要です。

コメントは受け付けていません。