被害者請求の場合について

自賠責保険、車を運転する方なら皆さんご存知ですよね。自賠責保険は法律によって強制加入が義務づけられています。自動車、バイク、原付を運転する方は必ず加入しなければなりません。未加入や、保険の有効期限が切れてしまっている場合は、1年以下の懲役、50万円以下の罰金が課せられます。
自賠責保険を使用する際は、「加害者請求」と「被害者請求」の2つがあります。加害者とは自動車事故によりケガをさせてしまった人、被害者とはケガをしてしまった人です。加害者になった場合には、相手の為に誠意をつくし素早く保険を利用することでしょう。しかし、被害者となった場合はどうでしょうか?もし、事故に合い病院等に入院せざるおえなくなった場合はすぐに保険会社に連絡することが困難こともあります。そのため、保険を利用するにあたり時効が設けられています。時効については4年前に法改正がり、平成22年4月1日以降に発生した交通事故に限られます。起算日は障害による損害、死亡による損害はともに事故日から3年、後遺障害による損害は症状固定日から3年と定められています。損害保険を利用する際はしっかりと起算日を確認し時効にならないよう注意しましょう。

コメントは受け付けていません。