倍賞損害のケース

平成22年4月1日以降の交通事故による倍賞損害は、自動車損害賠償保障法により保険金等の請求権も時効が2年から3年になりました。しかし、ひき逃げの加害者が不明な場合は3年の時効になりませ。この場合は損害賠償請求に関する時効は20年です。任意保険の場合は、被害者は任意保険に関する事項を考えることはありません。加害者に対する損害賠償請求権のとおり3年で時効となります。加害者の時効は原則として事故後60日以内に保険会社に事故の発生のことを通知する義務があります。任意保険は、治療が終わり、損害額が確定した後の2年間、何もなければ時効が成立してしまうのです。もし、長期治療を必要とした場合は時効を中断することができます。示談交渉が難航してしまい時効間近になってしまうまた、加害者が念書や支払いに応じない場合は内容証明郵便による請求手続きという法的手段という手があります。この請求は6ヶ月以内に栽培上の請求手続きを取らないと時効中断の効力が消えてしまいます。この場合は弁護士や行政書士に入ってもらうことも視野に入れてください。任意保険会社は、示談交渉していない場合でも治療費は医療機関に支払われ、休業損害も被害者に支払うこともあります。これは債務一部承認されていることになり、最後の支払いをしてから新たに時効が成立します。また、加害者が支払いを先延ばしして欲しいと申し入れされた時に上記と同様に時効中断の効力が生まれるのです。

コメントは受け付けていません。