Author Archive

被害者請求の場合について

自賠責保険、車を運転する方なら皆さんご存知ですよね。自賠責保険は法律によって強制加入が義務づけられています。自動車、バイク、原付を運転する方は必ず加入しなければなりません。未加入や、保険の有効期限が切れてしまっている場合は、1年以下の懲役、50万円以下の罰金が課せられます。
自賠責保険を使用する際は、「加害者請求」と「被害者請求」の2つがあります。加害者とは自動車事故によりケガをさせてしまった人、被害者とはケガをしてしまった人です。加害者になった場合には、相手の為に誠意をつくし素早く保険を利用することでしょう。しかし、被害者となった場合はどうでしょうか?もし、事故に合い病院等に入院せざるおえなくなった場合はすぐに保険会社に連絡することが困難こともあります。そのため、保険を利用するにあたり時効が設けられています。時効については4年前に法改正がり、平成22年4月1日以降に発生した交通事故に限られます。起算日は障害による損害、死亡による損害はともに事故日から3年、後遺障害による損害は症状固定日から3年と定められています。損害保険を利用する際はしっかりと起算日を確認し時効にならないよう注意しましょう。

車両保険のケース

車両保険は、その破損したケースとタイプによって保険金が下りるかどうか大きく異なってきます。
このタイプの保険には一般、エコノミー限定、エコノミーという三つのタイプがあるのです。
当然ですが、これによって保険が適用されるケースも変わってくるのです。
一番、万全なのが一般タイプです。
一般は自損事故にあおうが、台風で水没使用が、はては落書きで破損されてしまおうが全てのリスクに対応できるようになっています。
しかし、エコノミー限定ですと当て逃げ、転落、自損事故などのトラブルには全く対応されていません。
さらに、エコノミともなりますと、天災や落書き、いたずらなどのケースはあったく適用されません。
エコノミーともなりますと他社との事故でしか保険は適用されないのです。
しかし、一般はお金が非常に掛りますし、エコノミー限定も保険料が若干掛ってくるようになっているのです。
さらに、破損と言ってもそうそう毎回破損するわけではありません。
ですから、結構選択するのが難しいと言えば難しいのです。
自分の一番恐れているリスクや地域での事故や災害の発生状況などを考慮しながら的確に保険を選ぶ必要があります。
しっかりと自分の身の丈に合った保険を選ぶようにしましょう。

人身傷害補償保険のケース

人身傷害補償保険は契約している車に乗ってる人が自動車事故が原因で後遺症を負ってしまったり、死亡した場合に無条件で契約している保障の範囲で損害額が支払われる、実損払いの保険です。この保険は被保険者、配偶者、親族等が友人の車に同乗している時の事故、歩行中の自動車事故によって怪我してしまった場合や最悪死亡時にも補償の対象になります。結論から、契約車両に同乗している人全員が無条件で補償される保険なのです。この保険の特徴は、契約者の過失関係なしに保険金が支払われ、相手がいない事故でも保険会社へ損害を請求することができます。また、示談交渉関係なしに保険金を受け取ることがます。しかし、保険金には請求期間が存在します。民法724条によると事故による損害賠償請求は加害者が加害者と損害を知った日から3年、知らない場合は事故発生から20年となっています。ひき逃げなどの歩行中での事故だと、向こうは歩いていたのだから自動車保険とは関係ないと思ってしまい、保険会社に連絡しないという事例が発生します。この事例がもとで請求期間を過ぎてしまい、保険金が受け取れないという事態になってしまいます。事故が起きたらすぐに保険会社に連絡して、請求権を提出する手続きをしてください。

倍賞損害のケース

平成22年4月1日以降の交通事故による倍賞損害は、自動車損害賠償保障法により保険金等の請求権も時効が2年から3年になりました。しかし、ひき逃げの加害者が不明な場合は3年の時効になりませ。この場合は損害賠償請求に関する時効は20年です。任意保険の場合は、被害者は任意保険に関する事項を考えることはありません。加害者に対する損害賠償請求権のとおり3年で時効となります。加害者の時効は原則として事故後60日以内に保険会社に事故の発生のことを通知する義務があります。任意保険は、治療が終わり、損害額が確定した後の2年間、何もなければ時効が成立してしまうのです。もし、長期治療を必要とした場合は時効を中断することができます。示談交渉が難航してしまい時効間近になってしまうまた、加害者が念書や支払いに応じない場合は内容証明郵便による請求手続きという法的手段という手があります。この請求は6ヶ月以内に栽培上の請求手続きを取らないと時効中断の効力が消えてしまいます。この場合は弁護士や行政書士に入ってもらうことも視野に入れてください。任意保険会社は、示談交渉していない場合でも治療費は医療機関に支払われ、休業損害も被害者に支払うこともあります。これは債務一部承認されていることになり、最後の支払いをしてから新たに時効が成立します。また、加害者が支払いを先延ばしして欲しいと申し入れされた時に上記と同様に時効中断の効力が生まれるのです。

任意保険の時効特集!

任意保険に加入中に事故などに遭った場合、保険金請求には時効があります。特に被害者側からの被害者請求は障害時の請求と後遺障害つまり後遺症が残るような重症だった場合、さらに死亡時における請求のいずれも3年間が事項となっています。
ただし、この3年間の起点となるタイミングには注意が必要です。傷害の場合は事故が起きてから3年なのに対して、後遺障害の場合は後遺障害の症状が固定した日から3年となります。つまり事故が起きてから3年ではないので、後日この事故が原因の場合には相当遅れてから請求がなされる可能性もあるということになります。さらに、死亡の場合も事故から3年ではなく、死亡した日から3年以内となっています。この場合は被害者が死亡しているわけですから、その遺族が請求を行うことになると考えられます。
なお、この時効が中断する場合があります。この時効の中断は、加害者側と被害者側とで示談が付かない場合などで請求ができない場合などが該当する可能性があります。いずれにしてもこういった場合には関係する保険会社に相談する必要があります。
事故が起きた場合には速やかに保険会社に連絡を入れるなどして、こうした事項にならないように速やかに手続きをすることが大切です。

時効の中断手続きについて

自賠責保険による損害賠償請求権にも民法上の消滅時効が適用されます。治療が長引いたり、相手方との交渉がうまくいかない場合には、この時効が成立してしまう可能性がありますので、損害賠償を求める権利を維持していくためには時効の成立を妨げる手続きが必要になります。
基本的に時効は訴訟の提起、支払い命令のい申し立て、請求権に基づく催告、債務の承認などによりストップします。自賠責保険については保険会社に対して時効中断申請書を提出することにより、時効の成立を防ぐことができます。また自賠責保険から仮渡金や内払金が支払われている場合は、前述の債務の承認にあたることから、その時点で時効はストップすることになります。
ただし時効については注意しなければいけないことがあります。被害者の加害者に対する損害賠償請求の場合、自賠責保険に基づく請求をしていても債務の承認とはならず、損害賠償請求権の時効は成立してしまうのです。これは自賠責保険に基づく請求はあくまでも保険金請求であり、相手方の不法行為による損害賠償請求とは別個の権利だとされているからです。また時効の起算点は被害者と加害者により異なるうえ、被害者請求の時効成立期間も死亡や後遺障害、傷害により違ってきますので、事前に保険会社に確認しておく必要があります。

加害者請求の場合について

自賠責保険による保険金請求についても、民法に定める消滅時効の規定が適用されます。さらに自賠責保険については加害者からの請求と被害者からの請求がありますが、それぞれに時効の起算日が異なりますので注意が必要です。
加害者請求の消滅時効は平成22年4月1日より3年となっています。時効が起算され始めるのは、加害者が被害者や医療機関に対して損害賠償を支払った日になります。損害賠償金を分散して支払った場合はそれぞれを支払った日になります。したがってこの日から3年が経過すれば時効が成立してしまうので、それまでに保険金の支払いを請求しなければいけません。
ただし症状が固定されず治療が長引いてしまったり、被害者側との話し合いがうまくいかず交渉がなかなか決着しない場合などは、保険金請求できる前に時効が成立してしまう可能性がでてきます。そこでこのような場合には時効の成立を阻止するために、時効を中断させなければいけません。民法には訴訟提起や債務の承認などいくつかの時効中断事由が定められており、自賠責保険の場合は保険会社に対し、時効中断申請書などを提出することで時効を中断させることができます。詳細は保険会社により異なりますので、具体的な手続きに関することなどは保険会社に問い合わせることが必要です。

事故発生日が平成22年4月1日前後で異なる理由

自賠責保険はすべての運転者に契約することが義務とされている強制保険であり、交通事故が起こった場合には、契約者である加害者と、事故の相手方である被害者のいずれの側からも保険金の請求が可能な仕組みとなっています。
この保険金の請求に関しては、現在の自動車損害賠償保障法には3年の時効期間が経過することによって、その権利が消滅する旨が規定されていますが、事故発生日が平成22年4月1日前である場合については、その時効は2年であるものとされています。
これは、この日付に保険法という新しい法律が施行され、同時に自動車損害賠償保障法の改正規定が施行されたことによるもので、それ以前の条文では、消滅時効が現在よりも短く規定されていたためです。
実は、加害者に対して直接損害賠償請求の裁判をする場合には、従来から民法の規定によって3年が時効とされており、自動車損害賠償保障法の規定とは食い違いがあったことから、この違いを解消するために、法改正の必要性がいわれていました。
なお、保険金請求の時効の起算日については、加害者請求については支払った日の翌日から、被害者請求のうち死亡については死亡した日の翌日、後遺障害については症状固定日の翌日からとされていますので注意が必要です。

自賠責保険の時効とは

自賠責保険は、自動車やバイクを運転する際に加入を義務付けることによって、交通事故の被害者の救済を図るための最低限度の補償を行うことを目的としているものです。
この制度については「自動車損害賠償保障法」という法律によって、損害賠償をするための保険金の支払基準や、保険に加入したことを証明する書面についてなどのさまざまな取り決めがなされており、そのひとつに時効が含まれています。
この法律には、保険金の支払いを請求する権利は、3年を経過したときは消滅すると規定されており、この期間を過ぎてから当事者が請求しようとしても門前払いとなってしまいます。
時効までの期間の計算についての解釈は、加害者請求と被害者請求の場合で異なりますので注意が必要です。
加害者請求の場合には、相手に損害賠償金を支払った日の翌日から3年となりますが、被害者請求の場合には、けがであれば事故発生日の翌日から、後遺障害であれば症状固定日の翌日から、死亡であれば死亡日の翌日からとなります。症状固定日とは、医学的に見て一般的な治療を行っても症状がこれ以上改善しないと判断されたときのことをいい、診断書に記載されます。
なお、加害者請求で相手との示談が成立しないなどして期間内の請求が困難なときには、時効中断の手続きが必要となります。