保険金請求と時効がある

桜自動車保険は事故を起こした時の損害を補填してもらうことができる損害保険です。事故と一概に言っても損害額はピンキリですので必ずしも保険を使う必要はないのですが、事故によっては保険を使うことで生活の負担を抑える目的があります。
ただし、保険金請求には時効があるため、その期間を過ぎてしまうと保険金を請求することができなくなってしまいます。例えば、治療期間が思った以上にかかってしまったので補償を受けたいという場合でも、時効が成立してしまっていると保険は請求できません。よって注意が必要です。
その期間は2010年4月1日より3年間となっています。従来は2年間でしたが、保険のルールを定める保険法が2010年に商法から単行法として成立、それを受けて3年間まで延びました。これによりさらに余裕を持った請求が可能となりましたが、起算日は請求権の発生の翌日からとなっており、保証の種目により請求権の発生日は異なりますので予め確認しておきましょう。ちなみに3年間というのは、任意の自動車保険のみならず自賠責保険も同様です。
2010年4月1日以前に契約した自動車保険でも、起こした事故が2014年4月1日以降なら適用されます。